スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロペラの残像

今日は久しぶりにカメラネタでも。

以前、地元の飛行場でプロペラ機を撮影した時にも思ったことなのですが、プロペラの残像と言うのはどれくらい残るのが綺麗なんでしょうか。

これは、以前祖父の家に行った時、天井についているシーリングファンを撮影した時のものです。

IMG_6715.jpg
▲途切れる場所がなく、一繋がりになっている写真

これは、凄いスピードで回っているように見えますが、シャッター速度を遅くするので手ぶれしやすく、難しい。

外で飛行機を撮るときは別にSSは関係ないと思いますけどね。

IMG_6716.jpg
▲残像:空白~2:1くらいの写真

これは回っているのですが、かなりゆっくり回っているように見えます。

ただ、見た目としてはあまり綺麗ではないですね

IMG_6717.jpg
▲残像がほんの少しになるようにした写真

ここまでくると回っているのか怪しくなってきます。

ただ、形が分かりつつも、回っている表現をしたい時なんかはこっちのほうがいいかもしれません。

IMG_6720.jpg
▲完全に止めてしまった写真

こうすると、回っているのか止まっているのか完全に分かりません。

形ははっきり分かりますが、動きを感じられない写真ですね。

SSをかなり早くしなければいけないので、撮影できる機会はあまりないかもしれません。

飛行機のプロペラは3000rpm程度だそうですので、SSはかなり速めないと止まらないかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまもっち

Author:くまもっち
趣味:デジモノ弄り、ゲームなど
職業:大学生
一言:カメラやスマホ、PCなどのデジモノを弄るのが好きな学生です。最近はスマホいじりがメインになってきています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
来訪者カウンター
最新トラックバック
カレンダー
←07 | 2017/08 | 09→
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ガジェットのある日常
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。