スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レフ板自作

そろそろまともなレフ板が欲しくなってきたので、自作してきました。

家にあった材料で作ったので制作費用はゼロ円。

表面はカレンダーの裏なので白色。

裏面は何かを包んでいた薄緑色の包装紙で作りました。


IMG_3193.jpg IMG_3192.jpg
表面
裏面

両方の違いを少し見てみました。
被写体は鋼鉄戦記C21のフィギュア。

青色とオレンジ色と白色とはっきり分かれていて凹凸がはっきりすることが理由です。

カメラとレンズはいつも通り。
(CanonEOSKissX3+SIGMA 18-50mm EX DC MACRO+Canon Speedlight 380EX)
焦点距離50mm シャッター速度1/15 F値5.6
ISO400 マニュアルフォーカス(ライブビュー5倍でピント合わせ)
三脚で固定した状態で、10秒タイマーを使って撮影しました。


まずはレフ板を使わない場合
つまりは天井(白色、2m頭上)の場合ですね。

IMG_3189.jpg

色合いも普通ですが、影がはっきり出ず、ぼやーっとしてますね。
背景が少し暗くなってしまいました。

次にレフ板の表面(カレンダー側)を使った場合。

IMG_3187.jpg

若干白っぽく光ってますね。
発色がはっきりして、色の違いが分かりますがちょっと目に刺さる色ですね。
特に、青色が元の色より白っぽくなっているのが気になります。
背景と影はくっきりと写るようになりました。

次はレフ板の裏面(薄緑色の方)を使った場合。

IMG_3188.jpg

発色が穏やかになって、陰影がはっきりしました。
色も元の色に近い色になっています。
影が少しぼやけていますが、まだまだ許容範囲です。

次はただの段ボール板を使った場合。

IMG_3190.jpg

陰影はレフ板裏面よりもはっきりしましたが、背景が暗くなってしまいました。
発色も暗めになってしまい、何より影がぼやけてしまいます。

結論から言うと、はっきりした形を出したい時はレフ板の白い方を。

色をはっきりと出したい時はレフ板の緑色の方を使えばいいということですね。

どちらでもいい時は天井を使っても問題ないでしょう。

段ボールはメリットが全くないので無しですね。

料理の撮影などは緑色の方を使った方が発色が良くておいしく見えそうです。

今度撮影してみようかな~。

とはいえ、持ち歩きには向いていないので室内撮影のみですかね。

50cm×80cmくらいあるのでとても表に持ち出せるサイズじゃないですし・・・orz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめましてです

レフ板1つで意外と変わるものですね~
自分はカメラは詳しくないのですが少し興味あります

くまもっちさんのカメラはおいくらくらいしましたか?
写りがいいのでお高そうですが・・・
それとやっぱり購入資金は自分でバイトしたりしているんですかね?

Re:No title

>デリナットさん
はじめまして~

私のカメラはAmazonでダブルズームキットを60000円程度でした。
一眼カメラの中では比較的安い部類なのでしょうか・・・
型落ち品(2・3世代前)の物なら格安で買えると思いますよ
中古品なんかも狙い目かもしれません。

バイトはしてないですね
昔からの貯金を使ってます。
良いレンズを買うためにそろそろバイトを始めようかと考えてはいますが・・・
プロフィール

くまもっち

Author:くまもっち
趣味:デジモノ弄り、ゲームなど
職業:大学生
一言:カメラやスマホ、PCなどのデジモノを弄るのが好きな学生です。最近はスマホいじりがメインになってきています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
来訪者カウンター
最新トラックバック
カレンダー
←04 | 2017/05 | 06→
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ガジェットのある日常
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。